レアル・マドリーはラ・リーガ第23節でオサスナを1-4で撃破した。

話題になっているのは、ルーカス・バスケスの3点目をアシストしたカリム・ベンゼマだ。

これでレアルでのアシスト数は132になったそうで、クラブ史上最多となる記録になったという情報も。そのアシストシーンがこれだ!(以下動画51秒~)

相手のパスをカットしたベンゼマはモドリッチからのリターンを受けて飛び出す。相手を引きつけた後にバスケスへのパスでゴールを演出した。得点が決まった後には何度も拳を握りしめるガッツポーズも。

そのベンゼマは「132」というハッシュタグを用いつつ、「世界最高のクラブの歴史を作り続けることを誇りに思う」とSNSに綴っていた。