2017年にグラスゴー・レンジャーズからチェルシーに加入したMFビリー・ギルモア。昨季は10代ながら11試合に出場するなどブレイクの足がかりを築いたが、7月のクリスタル・パレス戦で膝の靭帯を損傷してしまった。

それによって少なくとも4ヶ月は離脱するという状態となり、長くリハビリを続けていた。

しかし、その状態はかなり上がっている様子。メイソン・マウントのInstagramに投稿された動画がこれ!

ボクシングトレーニングをするギルモア!マウントはあの名画「ロッキー」になぞらえて「ビリー・バルボア」とキャプションを付けているぞ。

【関連記事】チェルシーの「お買い物大失敗」列伝、11名の選手たち

今季は多くの補強を行ったチェルシーであるが、センターハーフには新しい戦力がいない。ギルモアの復帰はハードスケジュールの中で大きな力になりそうだ。