今年からボタフォゴでプレーしている本田圭佑。34歳になった彼はブラジルで18試合に出場し、2ゴールを記録している。

『Globo』によれば、ボタフォゴは本田に契約延長のオファーを送ったという。

現在の契約は2020年末までとなっているが、それをブラジル全国選手権1部が終わる来年2月まで延長するというものだそう。

給与と契約条件は維持されるため、更新には追加コストはかからないとされている。ボタフォゴは11月末に会長選を控えており、本田のさらなる長期的残留についての交渉は次期会長次第だとも。

【関連記事】 サプライズあり?東京五輪で日本代表の「10番」を背負うかもしれない5人

本田は来年に延期された東京オリンピックへの出場を目指しているとされている。