現在ACミランでプレーしているズラタン・イブラヒモヴィッチ。すでに39歳となっているものの、その能力には全く衰えが見られず。

セリエAで活躍を続け、ここまで出場した5試合でなんと8ゴール1アシスト。首位を走る好調なクラブの原動力となっている。

先日行われたエラス・ヴェローナ戦でも試合終了間際に劇的な同点ゴールを奪い、あわや敗戦という試合を引き分けに持ち込んでいる。

見事なプレーを見せ続けているイブラヒモヴィッチ。さらに今回、ミランのチームメイトにも素晴らしい振る舞いをしたようだ。

これは、なんとSONYの最新ゲーム機プレイステーション5!イブラからこれを贈られたと明かしたのは、ラファエウ・レアォン、サム・カスティジェホ、そしてマテオ・ムサッキオ。おそらく他の選手にも…。

現在はまだ品薄が続いているプレイステーション5であるが、イブラヒモヴィッチにかかればこれくらいの調達はお手の物のよう。

このような寛大なチームメイトへの振る舞いも、イブラヒモヴィッチがまるでアニキのように崇拝されるゆえんなのだろう。