ディエゴ・マラドーナ氏がブエノスアイレス郊外の自宅でなくなった。60歳だった。家族が明らかにしているという。

1986年のワールドカップでアルゼンチンに優勝をもたらしたマラドーナ氏。セリエAのナポリでもスクデットを獲得したが、一方でドーピングによる出場停止などの問題も起こした。

現役引退後は、アルゼンチン代表監督などを務めたほか、ピッチ外でも様々な話題を提供していた。

今月、健康状態が悪化して入院。検査結果から慢性硬膜下血腫により手術を受け入院していたが、中旬に退院していた。

【写真】「NEXTマラドーナと期待された10人とその評価」

すでにチャンピオンズリーグのボルシアMG対シャフタール・ドネツクの試合ではマラドーナ氏へ黙とうが捧げられている。

サッカー界を代表するスーパースターの訃報がまた1つ届いてしまった。