ポルトガル下部リーグのバレイレンセは、15歳で亡くなったルーカス・ミランダ君への哀悼の意を評した。

『O Jogo』によれば、消防士が井戸のなかから遺体を運び出したという。

施設内で行方不明になってから4か月が経っていた彼は友人たちによって殺されたと見られているそうだ。

【写真】「15歳~23歳までの各世代を代表する“世代最強選手”たち」

セトゥバルにあるこの施設は社会に馴染むのが難しい若者たち20人ほどを迎え入れていたとのこと。