U-24日本代表は26日、U-24アルゼンチン代表と東京スタジアムで対戦し、0-1で敗戦を喫した。

2列目に三笘薫、久保建英、三好康児を並べた日本。しかし序盤戦からペースを握ったのはアルゼンチンで、激しいプレッシャーを全体がかけ、日本にボールを運ぶ余裕を与えない。

たびたび迎えたピンチをクロスバーなどに救われていた日本だが、21分、カウンターからアドルフォ・ガイチのヘディングが炸裂。アルゼンチンが先制点を奪う。

日本はチームで唯一相手の圧力に適応していた久保を中心に巻き返しを図るも、後半も決定機を生かすことができず。本大会を見据えたアルゼンチンとの第1戦は0-1という結果に終わった。

【関連記事】日本と対戦するアルゼンチン、国内の「まばゆい天才若手」10名

U-24日本代表は29日、今度は北九州で再びU-24アルゼンチン代表と対戦する。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら