UEFAチャンピオンズリーグ敗退に続き、セリエA9連覇の可能性もついえたユヴェントス。

2022年で契約満了になる36歳クリスティアーノ・ロナウドの去就が注目されている。

そうしたなか、『Marca』は「ロナウドはレアルからノーと言われた後、行き先を見つけられていない」という記事を伝えた。

ユーヴェとは緊張状態にあるロナウドはシーズン後の退団を希望しているという。彼は古巣レアル・マドリーを恋しがっており、復帰を熱望しているものの、状況的にその実現は不可能だとか。

そのため、他の候補は古巣マンチェスター・ユナイテッドとPSGの2クラブとされている。

ユナイテッドは資金力もあるほか、ロナウドの代理人ジョルジュ・メンデスとの関係も良好。ただ、ドアは閉ざされていないものの、実現は簡単ではないとの見通しだそう。

一方、PSGは競争力の劣るリーグアンというのがネックになりうるようだ。ロナウドはエリートレベルとCLでの戦いを求めており、競争力の劣るリーグを選びうるものの、彼はトップレベルでのサッカーを要求しているとのこと。

【動画】ロナウド、イラッ!?ディバラとの一悶着シーン

ユーヴェを退団するとしても、新天地選びは簡単ではないということのようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】