ブンデスリーガは2020-21のレギュラーシーズンが終了した。

ビーレフェルトは最終節でシュトゥットガルトを0-2で撃破して逆転での残留を果たした。

堂安律は後半27分にチーム2点目を決める活躍。残留を決定づけた価値あるゴールがこれだ。

ボックス内での巧みなタッチで相手をはがすと冷静沈着なシュートでゴールゲット!ゴール前でのこの落ち着きはすごい…。

【写真】日本人選手、今季「海外から見た市場価値」を最も高めた10人

今季昇格してきたビーレフェルトは2200万ユーロ(29億円)というリーグ最少の予算規模ながら劇的な形で残留を決めた。

先制点となるPKを決めたファビアン・クロスは残留に思わず涙。『Sky』によれば、彼は「昇格と同じくらい素晴らしい。多くの人にとって、僕らは降格筆頭候補だったからね」と語っていたそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら