遂に開幕を迎えたコパ・アメリカ2020。招待国なしとなった今大会の10チームで背番号10を背負う選手をまとめてみた。

リオネル・メッシ(アルゼンチン)

アルゼンチン:メッシ

バルセロナ所属

ディエゴ・マラドーナと並び史上最高選手にあげられる稀代の天才。

18歳で代表デビューするとこれまで145試合で73ゴールを決めてきた。アルゼンチン代表史上最多得点者にはなったものの、いまだに代表でのタイトルはひとつも獲得できていない。

今月で34歳になるが、悲願の優勝は成し遂げられるだろうか。

ヘンリー・バカ(ボリビア)

ボリビア:ヘンリー・バカ

オリエンテ・ペトロレーロ所属

2019年に神戸で行われた日本代表戦にも出場した23歳のMF。

左利きの攻撃的MFで身長は170cmに満たないが、ガチムチ系の体格を誇り、1vs1に強いことからボリビアのメッシとも呼ばれている。

ただ、扱いにくい選手で、ザ・ストロンゲスト時代にはチームメイトと何度か衝突したとか。父親もオリエンテ・ペトロレーロでプレーした元選手で、よくアドバイスを貰うそう。

ちなみに、ボリビアにはバカ(Vaca)という姓が割と多い。