先日バルセロナからの退団が発表されたリオネル・メッシ。誰もが予測すらもしなかったスーパースターの移籍に、サッカー界は衝撃を受けた。

そして、彼は現在フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンと交渉していると伝えられており、その情報が各メディアで報じられた。

さらにその中には「9日の20:35にメッシはフランスのル・ブルジュ空港に到着する」という情報も。

それを受けて、パリ・サンジェルマンのサポーターや報道陣はル・ブルジュ空港や本拠地パルク・デ・プランスに集結。その模様はこんな感じだったようだ。

【動画】空港とパルク・デ・プランスで「メッシ!メッシ!」と叫ぶファン、今か今かと待つ報道陣

ただ、結局リオネル・メッシは現れることはなかった…。

なおメディアによればパリ・サンジェルマンはメッシに年俸4000万ユーロ(およそ51.8億円)を提示したとのことだが、まずは選手の整理を行う必要があり、10名を売りに出しているそうだ。

また、『Marca』によればメッシはあまりリスクを犯して急ぐことを避けたいと考えており、肖像権に関する契約も心配しているそう。そのためしばらくの間は状況を精査していく方針だとも。