この夏、バルセロナからPSGに電撃移籍したリオネル・メッシ。

宿敵レアル・マドリーでやり合ってきたセルヒオ・ラモスとチームメイトになることになった。

『Marca』のインタビューに答えたメッシは、PSGとラモスについてこう話したそう。

リオネル・メッシ

「(今季のUEFAチャンピオンズリーグで)誰もが僕らを大本命にしている。

僕らが候補のひとつであることは否定しないけれど、本当に強いチームになるためには、まだまだやらなければいけないことがたくさんある」

「チームメイトとしてのセルヒオ・ラモスはスペクタクルだよ。

すでに彼のことは知っていた。じっくり話したことはなかったけれど、長年リーガでやっていたし、何度か話したこともあった。

彼がどんな人間かは、すでに分かっていたよ。

スペイン代表で彼と一緒だったチームメイトもいたので、すでに知っていたんだ。

パリで一緒に過ごす時間が増えた今、彼が素晴らしい人だと分かった」

先日、ようやくリーグ戦で初ゴールを決めたメッシ。CLで本命に推されているものの、まだ改善点が多くあると認めていたようだ。

【動画】メッシvsセルヒオ・ラモス、クラシコでの喧嘩シーン

また、ラモスは味方にすると素晴らしい存在と評価していたとか。そのラモスは故障によってまだ1分もプレーしていないが、CLシティ戦で初めてメンバーに入った。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら