水曜日に行われた脱税事件に関する裁判で、ジェラール・ピケに対して「無罪」が言い渡されたようだ。

ピケは2008年から2010年までの間に肖像権収入の額を偽装するため、架空の会社にその権利を譲渡したように見せかけていた…として訴えられていた。

その裁判は長きに渡って行われてきたが、今回スペインの最高裁判所で審理が行われ、最終的にはピケに無罪が言い渡されたという。

『L'Equipe』によれば、無罪が言い渡された理由は「架空の会社とされていたものに実態があったと認められた」ことであるそう。

当該の会社はジェラール・ピケの兄弟が管理していた『Kerad Project』というものだったが、架空のものではなかったと結論付けられたようだ。

また、2008年にマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた際に未払いだったとされていた税金については「雇用所得から控除可能な費用だ」と認められたとのこと。

【写真】聞くとサッカー選手しか思い浮かばない10の「ブランド名」

ピケにはおよそ210万ユーロの罰金をスペイン税務当局に支払うよう命令が出ていたが、これも撤回されることになったようだ。