飼っている猫への虐待動画が問題になっているウェストハムのフランス代表DFクルト・ズマ。

本人は謝罪したが、『London Evening Standard』によれば、地元エセックス警察が捜査を始めたという。

また、ズマの個人スポンサーであるadidasも「ネット上でのひどく動揺させられるビデオは認識している。どんな動物も残酷で不当な虐待を受けるべきではない。この件を内部で調査する」としている。

【動画】これはかわいそう…ズマ、問題のネコ虐待映像

そのズマはこの日行われたワトフォード戦に先発出場。

『BT Sport』によれば、ウェストハムのデイヴィッド・モイーズ監督は「(この件が起用に影響したかは)ノーだ。彼はチーム内の優れた選手のひとりだからね。ただ、進行中の件があり、クラブが対処している。だから、これとは別問題だ」と説明していたという。

ただ、試合中にズマが相手FWジョシュ・キングからタックルを受けると、ワトフォードファンたちは「それがお前の猫の気持ち」というチャントを歌っていたそう。

なお、ズマがフル出場した試合はウェストハムが1-0で勝利している。