21日にエリック・テン・ハーフ新監督の就任を発表したマンチェスター・ユナイテッド。それに従って、大きな補強予算を準備したようだ。

『Mirror』によれば、今夏マンチェスター・ユナイテッドは多くの選手を入れ替えることを計画しているとのこと。

最大では12選手が退団する可能性があるそうで、ポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチ、ジェシー・リンガード、エディンソン・カバーニ、フアン・マタ、リー・グラントは契約満了を迎える。

また、アーロン・ワン・ビサカ、エリック・バイリー、フィル・ジョーンズ、アレックス・テレス、アントニ・マルシャル、マーカス・ラッシュフォードも退団が認められるよう。

ただ、その一方でエヴァートンへと貸し出されているドニー・ファン・デ・ベークについては、テン・ハーフ監督の教え子であることもあって復帰する可能性が高いそう。

そして、その代わりに2億ポンドの補強予算を使って多くの大物を獲得することを計画しているようだ。

【写真】今季「ユナイテッドでプレーするに値しない」5名

ターゲットのリストにはハリー・ケイン(トッテナム)、デクラン・ライス(ウェストハム)、ダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ)、ルーベン・ネヴェス(ウォルヴァーハンプトン)らが含まれているそう。