今シーズンは4冠達成の可能性があるリヴァプール。

サウサンプトンを1-2で下したプレミアリーグ第37節では大幅にメンバーを入れ替えた。

先発に抜擢された南野拓実は価値ある同点ゴールを決める活躍を披露。試合後にはユルゲン・クロップ監督と熱いハグを交わしてた。

これは胸熱!

【動画】南野、イケメンすぎ!試合前のウインクシーン

クロップ監督は試合前に大きくメンバーを入れ替えたことについてこう語っていた。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「様々なことを考える必要があった。サウサンプトンのトップ6相手の結果を考えると、我々には100パーセントの意欲が必要だ。

(チェルシーとのFAカップ決勝で)120分闘った後に誰がプレーできるのか、誰がフィジカル的にその状況にあるのか、誰がメンタル的にその状況にあるのか、それに留意する必要がある。

今シーズンは選手たちにとって苛烈なものになっているからね。

チェルシー戦後のセレブレーションで本当に喜び、それから落ち着いて、サウサンプトンだと。

このスタメンになった時、私は本当に興奮したよ。とてもポジティブな気持ちだし、頑張りたい。

難しいことは分かっているが、サウサンプトンを困らせるあらゆることに全力を尽くせるチームだ」

かなりメンバーを入れ替えたものの、スタメンのラインナップにワクワクしていたとか。

リヴァプールは23日にウルヴスとのリーグ最終戦、そして、29日にレアル・マドリーとのCL決勝を戦う。