UEFAチャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと再戦するリヴァプール。

キーマンのひとりは、世界最強DFに君臨してきたオランダ代表フィルヒル・ファンダイクだろう。

彼は元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドとのインタビューで、「最も難しかった対戦相手」についてこう答えていた。

フィルヒル・ファンダイク

「セルヒオ・アグエロ、アンビリーバブルだった。

リオネル・メッシ、おそらくサッカー史上最高の選手さ。

キリアン・エムバペ、異次元の速さ。

アーリング・ハーランドとダルウィン・ヌニェスも。

タイプは違うけれど、やや似ている。非常にダイレクトで速い、高くて強い。

彼らとの対戦はものすごく難しいんだ」

「(そういった選手と対峙するためにCBに必要なのは)

スピード、足元のボール扱い、コミュニケーション、それから…イングランドではヘディングも非常に重要さ」

世界的なFWたちを指名したなかで、興味深かったのはダルウィン・ヌニェスの選出。

【動画】新星ダルウィン・ヌニェス、ファンダイクをビビらせた鬼ゴール

彼はベンフィカに所属する22歳のウルグアイ代表FWだ。今季は41試合で34ゴールと大ブレイクし、リヴァプールとのCLでも2ゴールを奪って存在感を見せつけている。