日本代表は今年末のワールドカップでドイツ、スペインと同じグループステージに入った。

強豪スペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督が思う優勝候補はどこなのか。『ESPN』によれば、指揮官はこう述べたそう。

ルイス・エンリケ(スペイン代表監督)

「アルゼンチンとブラジルは他の代表チームをはるかに凌駕している。他の国よりもはるか上だ」

南米の2強は断トツだとして、優勝候補に指名していたとのこと。

【関連】メッシも!スペイン代表だったかもしれない幻の最強ベスト11

グループBのアルゼンチンはサウジアラビア、メキシコ、ポーランド、 グループGのブラジルはセルビア、スイス、カメルーンと対戦する。