サウジアラビアのアル・ナスルでプレーするクリスティアーノ・ロナウド。

38歳になってもバキバキの肉体を維持するなどストイックさを貫いている。

その彼の足の指が話題になっているようだ。

注目は親指。

色が変わっており、ペディキュアをしていたのだ。

【関連】新学期の友達に教えたい!サッカーにまつわる秘密のトリビアまとめ

『Bild』によれば、アスリートは、爪を守るためにネイルをしたり、保護材で覆うことがあるそう。

「多くのトップアスリートは、何時間も靴が蒸れる時には菌類やバクテリアから爪を守るためにこうしている。あのマイク・タイソンでさえも」とのこと。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★