アイントラハト・フランクフルトのフランス代表FWランダル・コロ・ムアニは、30日に行われたクラブの練習をボイコットしたという。

今夏エヴァン・エンディカや鎌田大地などビッグネームを失ったアイントラハト・フランクフルト。

さらにエースストライカーのランダル・コロ・ムアニにはフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンからオファーが舞い込んでいるものの、交渉はあまりうまく進んでいない。

移籍金は1億ユーロ(およそ158.6億円)以上で交渉されているというこの取引であるが、コロ・ムアニがパリ・サンジェルマンへの加入を希望していると公言している一方、まだクラブは納得していないという。

そしてアイントラハト・フランクフルトが発表したところによれば、コロ・ムアニは30日からの練習に参加しない旨を伝え、ボイコットをスタートさせたとのこと。

ただアイントラハト・フランクフルトのスポーツディレクターを務めているマルクス・クローシェ氏はクラブの声明で以下のように答えている。

マルクス・クローシェ

「今回の行為は移籍ビジネスに影響を与えるものではない。彼はクラブに対してトレーニングへの参加を拒否することを伝えてきた。

ただ我々は彼の本当の性格を知っている。現在彼は様々な要求に晒されていて、その結果がこの反応になったわけだ。

しかし彼にも、彼の関係者にもこう伝えたのだが、このような行為は間違っているよ。あらゆる影響を含めて考えればね」

【関連記事】「移籍したくて…プレシーズンの練習をボイコット」した6名のスター選手。どんな結果になったのか

コロ・ムアニは木曜日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ予選のレフスキ・ソフィア戦に出場することはないという。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★