かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍したデイヴィッド・ベッカムの軌跡を特集した『Netflix』のドキュメンタリーが現地で話題になっている。

ユナイテッドを長年指揮した伝説的監督であるサー・アレックス・ファーガソンの秘話も漏れ伝わってきている。

元イングランド代表ポール・インスもユナイテッドでファーガソン監督の指導を受けたが、指揮官は契約する選手に3つの質問をしていたそう。

「彼は家で誰かが待ってくれているという事実を評価していた。

なぜなら、それは毎晩パーティに行くわけではないという安定の表れだったからね。

彼は常に知りたがっていた。恋人はいるのか、何年付き合っているのか、結婚する意思はあるのかをね」

夜遊びすることが少ない妻帯者や恋人がいる選手を評価しており、恋人の有無、交際年数、結婚の意思の3つを尋ねていたとか。

【関連記事】アザールより香川真司を選んで後悔なし!ファーガソン監督がその理由を説明

また、元ユナイテッドのギャリー・ネヴィルは、「ファーガソンは社会主義的な原則の持ち主だった。チーム内では全員平等。チームを第一に考えなければいけなかった」とも述べていたそう。

どんな選手も特別扱いはせず、個人よりも組織を優先させたということだろうか。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★