9日に開催された第103回天皇杯決勝は、川崎フロンターレがPK戦の末に柏レイソルを下し、3年ぶり2度目の優勝を飾った。

試合はスコアレスのまま120分間で決着がつかず、PK戦も10人目までもつれ込む展開に。最後はお互いのGKが蹴り合い、川崎GKチョン・ソンリョンが柏GK松本健太のキックを止めて決着した。

そんな激闘において、勝負を分けたかもしれない場面の一つが69分にあった。

マテウス・サヴィオの裏へのボールに日本代表FW細谷真大が抜け出し、大南拓磨に後ろから手をかけられながらも振り切って疾走。しかし最後のタッチが大きくなりチョン・ソンリョンにキャッチされてしまったシーンだ。

細谷が倒れていれば、DOGSOで大南は退場になっていた可能性が高い。細谷は試合後このシーンを以下のように振り返った。

「倒れたらDOGSOだったと思いますけど、ぐっとこらえたら(GKと)1対1になれる状態だったので、自分自身も倒れる気は全くなかったです。別に悔いはないですね」

「決められると思って耐えました。ただプロに入って、しっかり“判断”しないといけない場面は必ず来ると思うので。自分自身も今後に向けて、今日出た課題に向き合っていきたいと思います」

悔いはないと振り返りつつ、プロとしての判断もあったことは滲ませた細谷。

しかしあそこで力強くゴールへ向かったピュアな気持ちは、22歳のストライカーにとって間違いなく財産となるはずだ。

【関連記事】8連勝の日本代表、2023年に評価を上げた5名の選手

日本代表に招集されている来年1月1日、同じ国立競技場で行われるタイとの親善試合でのプレーに注目したい。

【厳選Qoly】意外すぎる「クラブでリーグ優勝したことがない」世界最強選手たち

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら