モナコに所属する日本代表FW南野拓実が、およそ3か月ぶりとなる得点を記録した。

25日に行われたフランス・リーグアン第23節のランス戦に、南野は3試合連続で先発起用されフル出場。2-2で迎えた後半追加タイムに勝敗を決定付けるゴールを決めた。

これは素晴らしい!

日本代表の森保一監督も強く求める「1対1」の個人技から強烈な左足シュートを突き刺し、リーグ屈指の熱さで知られるランスのサポーターを黙らせた。

南野の得点は12月3日の第14節モンペリエ戦以来およそ3か月ぶりでこれがシーズン6点目。

なお、南野は前半30分にもネットを揺らしていたが、そちらの得点は後に相手GKのオウンゴールと訂正されたため惜しくも1試合2ゴールとはならなかった。

味方が放ったシュートのこぼれ球を動物的な反応で押し込んだ南野。当初は彼のゴールとして紹介されていたのだが…。

試合はモナコが敵地で3-2と勝利し、2試合ぶりの勝利を手に。勝点も41に伸ばし、PSG(53)、ブレスト(43)に次ぐリーグ3位に浮上している。

日本代表、アジアカップで評価を上げた5名の選手

モナコは次節、3月1日(日本時間2日早朝)に首位PSGとの大一番を迎える。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら