3日に行われたイランとのアジアカップ準々決勝に1-2で敗れた日本代表。

南野拓実は後半22分から途中出場したが、所属チームのモナコにすぐさま合流すると、4日のル・アーヴル戦に後半26分から投入された。

試合は1-1の引き分けで終わったが、南野の即合流からの電撃出場は現地でも話題になっている。

adidasと契約していないのに「日本代表の10番」をつけた8名

モナコのアディ・ヒュッター監督は、南野をベンチ入りさせた理由についてこう説明していた。

「控えに攻撃的な選手があまりいなかった。

(後半途中に投入した)クレピン・ディアタはユーティリティ性があるので今日は高い位置でプレーしたが、普段はヴァンデルソンがいる右サイドバックでプレーしている。

リュカ・ミシャルもいたが、彼はとても若い選手だ(18歳)。拓実と話したら、彼は試合メンバーに入りたがった」

ベンチに攻撃のオプションが少なかったため、南野に打診したところ、本人が快諾したようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら