2024年シーズンが開幕したMLS。インテル・マイアミは3日に行われたオーランド・シティ戦に5-0で快勝した。

前半4分と11分にはルイス・スアレス、後半12分と17分にはリオネル・メッシがゴールを決めている。

5点目はスアレスのクロスをメッシが頭で合わせる珍しい形?スアレスはロバート・テイラーの得点もアシストしており、メッシと2人で全5ゴールを生み出した。

2ゴール1アシストの活躍だったスアレスだが、開幕2試合は得点がなく批判に晒されていた。

試合後には「ストライカーやサッカー選手は毎日批判を受けながら生きることに慣れなければいけない。サッカー界の人には記憶がない(すぐに忘れてしまう)。そういうことさ。その意味では僕は慣れっこだよ。プロサッカー界に20年ほどいるし、言われることは気にしない」と笑顔で話していたそう。

大谷翔平は1位じゃない!1年あたりの世界最高給アスリート王

インテル・マイアミのタタ・マルティノ監督が「就任以降で最も完璧な試合かもしれない」と手応えを口にしていた一方、オーランドのオスカル・パレハ監督は「彼らのようなチームにあれだけのスペースを与え、あれほどデュエルに負け、カウンターのチャンスを与えることは許されない。本当に失望している」とうなだれていた。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名