この冬にプレミアリーグのルートンに移籍した橋岡大樹は、先日のFAカップ対マンチェスター・シティ戦で新天地デビューを果たした。

その橋岡はInstagramを更新。「Holding our heads high, we are committed to continuing to push forward.上を向いてやり続けます」と英語と日本語でメッセージを綴っている。

ルートンは現在5連敗と苦しんでいるが、「頭を高く掲げて(胸を張って)、僕らは前進し続ける」とのこと。

ただ、後輩ながら橋岡をイジってきた久保建英は「Google翻訳やめろ」と上記投稿に突っ込みを入れていた。橋岡が「おい。それを皆んなの前で言われるのが1番恥ずかしいからやめろ」と返信すると、久保は泣き笑いの絵文字を送り返している。

日本代表、2024アジアカップで評価を下げた5名

“陽キャ”で知られる橋岡は、「本当にいい子、すぐに溶け込んだ」とルートンのロブ・エドワーズ監督も評価しており、新天地での活躍に期待したい。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら