ブラジル1部CRフラメンゴとキットサプライヤーのadidasは10日、2024-25シーズンの新アウェイユニフォームを発表した。

2024年のセリエA(1部リーグ)や、2025年1月に開催予定のカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)などで着用する。

CR Flamengo 2024-25 adidas Away

フラメンゴ 2024-25 adidas アウェイ ユニフォーム

新アウェイユニフォームは定番カラーのホワイトを基調とし、スリーストライプスにチームカラーのレッドを配色。メーカーロゴやエンブレムは、もう一つのチームカラーであるブラックで彩り、王道カラーの組み合わせとなった。

一見シンプルなデザインだが、前面には独特なウェーブ・グラフィックを描く。これは「音波」をイメージしたものとのことで、詳細は不明だが今回のコンセプトに設定しているようだ。

このユニフォームのローンチで、クラブとadidasは2人のブラジル人ミュージシャン「TOKIODK feat DJ Papatinho」(ラッパーとDJ)とコラボレーションし、“A Mudança Sou Eu”という1分35秒の短いシングル曲をリリースした。これはSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスでも聴くことが出来る。

「音波」をテーマにミュージシャンとコラボしたこの新ユニフォーム。音楽つながりということで、ビジュアルはレコーディングスタジオで撮影された。

ビジュアルでのユニフォームは2種類が用意され、最初に登場したのはスポンサーロゴのないクリーンなバージョン。

その後に公開されたのは選手が着用するユニフォームで、こちらは胸、鎖骨、袖、背中などあらゆる場所にスポンサーロゴ入りとなっている。

ブラジルリーグのユニフォームでは毎度のことなのだが、このビフォー・アフターのギャップはインパクトがある。

サントスも仲間入り…近年「衝撃の2部降格となった」5つのブラジル名門クラブ

フラメンゴは今年のカンピオナート・カリオカを優勝したが、発表より一足早く4月8日の決勝戦後に、このユニフォームを着てセレモニーを行っていた。公式戦では15日のセリエAで初登場している。

2024-25新アウェイユニフォームは、オンラインでは現在のところadidasブラジルストアのみで販売中。

現在では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。懐かしいユニフォームやグッズは見るだけでも楽しいです。

【Qoly × LFB Vintageはこちらです】

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」