ドイツ3部のホルシュタイン・キールは「ボルシア・ドルトムントIIからガーナ人MFエヴァンズ・ニャーコを獲得した」と公式発表した。

契約期間は2年。移籍金は発生していないものと考えられている。

エヴァンズ・ニャーコは1992年生まれの22歳。ガーナの出身であるが若くしてドイツに渡り、ハンブルガーSVの下部組織で育成された守備的MFである。

ユース年代では結果を残し、2012年にはフォルトゥナ・デュッセルドルフ、2013年にはボルシア・ドルトムントへ移籍したが、リザーブでのプレーに留まっていた。

ラルフ・ヘシュカンプ
(ホルシュタイン・キールSD)

「ニャーコは6番の位置でプレーできるが、他の位置でも使うことが出来る。年齢も若いため、将来有望な選手だ」
カルシュテン・ニーツェル
(ホルシュタイン・キール監督)

「ニャーコは優秀な守備者だ。彼は22歳で60以上の試合に出場してきた経験がある。守備面でのユーティリティ性もある。次の二年で彼がそのクオリティを見せてくれることを望んでいる」