9月9日、『BBC』や『Express』など各メディアは「トッテナム・ホットスパーに所属しているエマニュエル・アデバヨールは、招集に応じなかったことからトーゴ代表を追放された」と報じた。

今月のインターナショナルマッチデーウィークでは、トーゴ代表はアフリカネイションズカップ予選でジブチ、そしてリベリアと対戦した。その際のメンバーにはエマニュエル・アデバヨールは含まれていなかった。

代表監督を務めているトム・サンフィー氏は、記者会見でアデバヨールが両方の試合でプレーすることを拒否したと明かし、今後招集することはないと話した。

トム・サンフィー
(トーゴ代表監督)

「私にとっては、彼はもう国のためにプレーしたくない選手であることは明らかだ。そして、彼はトーゴが次のアフリカネイションズカップに出場することを望んでいない。

彼はリベリアと対戦することには合意したが、ジブチ戦に出ることは拒否した。私にとっては、あの相手なら戦う、あの相手とは戦いたくないというのは、選手の権利ではない。

もし明らかに応えたくないような素振りをしている女性とデートしていたら、その後は他の女性を探さなければならん」

アデバヨールは6月に行われた代表戦で練習に出なかったため一時追放され、最終的にはキャプテンを剥奪されている。試合後には、それを「試合前に言うのは失礼だ」とメディアに明かしているほか、既に9月の試合には出場するかどうか分からないという発言を行っていた。