アーセナルやバルセロナでプレーしたカメルーン人MFアレクサンドル・ソング。

現在はローンでウェストハムに在籍しており、ようやく負傷も明け昨年末のトッテナム戦で今シーズン初出場を飾っている。

そんなソングだが、最近の風貌がちょっと意外な感じであった。

ドレッドヘアーにゴーグル姿!

なんでもソングは先月26日のサウサンプトン戦でゴーグルを着用して試合に出場したようで、その風貌がまるでエドガー・ダーヴィッツそっくりだったと話題になっているのだ。

ソングは4日、U-21プレミアリーグのブライトン戦に出場。この試合でもオレンジがかったゴーグルをつけてプレーし、2得点に絡む活躍を見せたという。

今のところ、ソングがなぜゴーグルを着用しているかは不明である…。