6日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグ、バルセロナ対エスパニョールはバルサが4-1で勝利した。

4日前にリーガで対戦したカタルーニャの両チーム。そのときはエスパニョールのホームでスコアレスドローに終わったが、今回のダービーはバルサが先制を許すも4ゴールを奪い、ホームで逆転勝利を収めた。

そのすべてのゴールに絡んだのが、2015年のFIFAバロンドール受賞が有力視されるリオネル・メッシだ。

フェリペ・カイセドの先制弾からわずか4分後の13分、まずはアンドレス・イニエスタからのスルーパスを鮮やかに沈める。

ハンドをアピールするスアレスと入れ替わる形で中央へ入り込み、イニエスタと呼吸を合わせたメッシ。

リオネル・メッシのゴール

動き出しはもちろんコントロールからのフィニッシュもさすがである。

そして前半終了間際に決めた2点目は、完璧なフリーキック。

このスピードで、クロスバーに当たってゴールイン。GKにとっては残酷なシュートだ・・・。

【次ページ】後半は絶妙アシスト×2!