サンプドリアがインテルのDFアンドレア・ラノッキアの獲得に近づいているようだ。

ラノッキアについてはリヴァプールやノリッジなどのプレミアリーグ勢が関心を示しているが、選手本人はイタリアに残ることを望んでいるという。

『Gazzetta dello Sport』によれば、ラノッキアは既にサンプドリアと個人条件で合意しているという。残すはクラブ間合意だが、インテルは代わりを見つけるまでは放出するつもりがなく、代役確保に動いているようだ。

今シーズンのラノッキアはロベルト・マンチーニ監督からキャプテンの座を剥奪されており、移籍が濃厚と度々報じられてきた。