先日、スウォンジーからニューカッスルへと移籍したMFジョンジョ・シェルヴィ。ウェストハム戦で即先発すると、こんなプレーをやっていた。

自陣内から放った低空弾道のロングパスは、右サイドを駆け上がったダリル・ヤンマートの足元にピタリ!

ヤンマートが中央へ折り返したボールを、ジョージニオ・ワイナルダムが蹴り込みゴールとなった。一発で局面を変えるシェルヴィのパスはまさに圧巻であった。

セント・ジェームズ・パークのピッチで90分間戦い続けたシェルヴィは2-1の勝利に大きく貢献。

60本のパスを通し、その成功率は91.7パーセントを記録していたそうで、『BBC』が選ぶ「Man of the match」にも選ばれている。

スウォンジーではファンとの関係が悪化していたと明かしたが、いい形で新天地デビューを果たした。

試合後、ヤンマートへのパスについては、こう謙遜しながら述べていたそうだ。

ジョンジョ・シェルヴィ(ニューカッスルMF)

「通すのはかなりイージーなパスさ。ダリルはいつもああいう走りをして、彼はかなり前に行くフルバックなんだ。

ああいう走りを続けてくれるなら、常に彼のことを見るようにするだろうね」

なお、ニューカッスルにとっては、これが嬉しい2016年の初勝利。

スティーヴ・マクラーレン監督は「ジョンジョは本物のポテンシャルを持ったとてもとてもいい選手だ。彼はこのチームでのプレーにフィットするはずさ」とご満悦だった。