本田圭佑の新天地として、アメリカが浮上した。

サッカー選手でありながら、様々なサッカー事業を展開していることで知られる本田。日本では大阪と神戸にサッカークリニックを開いており、オーストリア3部SVホルンでも代表者を務めている。

そんな本田はセリエのウインターブレイク中であるこの年末年始にアメリカを訪れていたようで、南カリフォルニアでサッカー教室を開いたのだそうだ。

そして、以下のようにコメントしたという。

本田 圭佑(ミラン)

「選手としても、MLSにとても興味がある。しかし、プレーすることになるかどうかは分からない。

MLSは世界の中でも発展しているリーグであると言える。MLSにやって来る選手には有名な選手もたくさんいる」

アメリカ『FOX』の記者に対して本田が話したコメントとして、MLS公式が伝えている。

本田とミランとの契約は今夏まで。シーズン終了後、何か動きはあるのだろうか?