『Express』は「レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは、リヴァプール戦のスーパーゴールはキーパーのミスだと仄めかした」と報じた。

昨日行われたリヴァプールとの試合で岡崎とツートップを組んだヴァーディは、60分にすさまじいボレーシュートを決めて大きな話題を集めた

最終的にレスター・シティも2-0で勝利を収め、クラウディオ・ラニエリ監督もヴァーディのプレーを賞賛した。

しかし、当のヴァーディ本人は『Sky Sports』に対して以下のように話し、あのシュートはミニョレの動きを研究したもので、そんなにいいゴールというわけでもないと語った。

ジェイミー・ヴァーディ

「僕は、自分がいいゴールを決めたとは思っていないよ。あのゴールキーパーのあらゆる試合を見ていると、彼はラインからかなり離れていく傾向があったからね。

すぐにリヤド・マフレズからボールが来たが、それはかなり高くバウンドした。そして、サポートもなかったから、そのチャンスを使うことにした。そして、幸運なことに彼(ミニョレ)の頭上を越えたね」
クラウディオ・ラニエリ

「信じられないようなことをヴァーディはやってのけたね。彼はボールを見て、チャンスを見て、そしてゴールキーパーも見ていた。

アメージングだ。ファンタスティックだ。オープンな試合だったね」