モナコは、FWキリアン・エンバッペ・ロタンがあのティエリ・アンリのクラブ最年少得点記録を更新したと伝えた。

弱冠17歳のエンバッペが、トロワ戦で決めたゴールがこちら。

エンバッペは後半28分から投入されると、後半アディショナルタイムにこのゴールを叩き出した。

モナコによれば、これはアンリが1995年4月に決めたモナコ史上最年少ゴール記録を数か月更新するものだそう。

エンバッペはパリ出身で、1998年12月20日生まれ。軽やかなドリブルとスピード、高いテクニックを兼ね備え、前線ならどこでもこなせるため、サミュエル・エトーやアントニ・マルシャルとも比較されるタレントだ。

なお、モナコは最下位トロワ相手に3-1で勝利。リーグ2位につけているが、無敗で首位を突っ走るPSGとの勝ち点差は24のままだ。

レオナルド・ジャルディン監督は「愚かにボールを失ったため、我々は失点した。常に注意深く、常に用心しなければならない。なぜなら、2-0から2-1になった時、しばしば2点目、3点目を奪われるからだ」とお冠であった。また、3位との勝ち点差8も、(まだ)何の意味もないとも述べていた。