「世界最高のフリーキッカー」と呼ばれるハカン・チャルハノール。

今季はここまで5ゴールをあげているが、フリーキックでの得点は意外にもゼロ。名手と呼ぶには少し寂しい数字となっている。

そんなハカン・チャルハノールが在籍するレヴァークーゼンは、現在アメリカでキャンプを行っている。

温暖なフロリダの地で、こんなユニークな企画を行った。

企画の名は、"Water Bottle Flip Crossbar Challenge"。

水の入ったペットボトルをボールの上に置き、これをクロスバーめがけて蹴るというものだ。基本的には「クロスバーチャレンジ」同様、クロスバーに当てると1ポイントだが、ペットボトルが一回転して芝生の上に立っても1ポイントというユニークなルール。

ハカン・チャルハノールは一人目として登場し、見事3本目でビンゴ!ペットボトルが乗っているということでコントロールをして蹴るだけでもかなり難しそうなのだが…何事もなかったかのように命中させるのは流石である。

ハカン・チャルハノールの他、ヨエル・ポフヤンパロ、ヴラドレン・ユルチェンコ、ヴェンデウ、カリム・ベララビの4選手もチャレンジ。クロスバーに当てることができたのは他にヴラドレン・ユルチェンコのみ。

攻撃的サイドバックのヴェンデウはボールを上手く蹴ることができず、「ノーチャンス!」と嘆いていた。

レヴァークーゼンはウインターブレイク明け、ホームでヘルタ・ベルリンと対戦する。