5月から6月にかけて韓国で開催されるFIFA U-20ワールドカップ。昨年のAFC U-19選手権で優勝した日本代表も5大会ぶりに参加する。

それに向けて、U-20日本代表は現在ドイツに遠征中。U-20ドイツ代表との親善試合(●1-2)や地元クラブとの練習試合を行った。

26日には、ドイツ3部のデュイスブルクと練習試合で対戦。

久保建英(FC東京)も出場した一戦で、選手たちが着用していた練習試合用ユニフォームを見てみよう。

U-20日本代表の練習試合用ユニフォーム

U-20日本代表の練習試合用ユニフォーム

ピンストライプが印象的でさわやかな感じ。練習試合用にしておくのは勿体無い?

なお、試合は小川航基(ジュビロ磐田)のハットトリックなどで日本が4-1で勝利している。

U-19ユースの選手を4人起用したというデュイスブルクのゴロエフ監督は「結果に関係なく、いいテストになった。練習試合はトレーニングとは比較するべくもない。特にフィットネスにとって重要だ」と述べていたそう。