政府直轄なのに…エステグラル&ペルセポリス(イラン)

エステグラル

ペルセポリス

イランの名門チームとして知られる2つのクラブ。青いユニフォームのエステグラルと赤いカラーのペルセポリス。両者がテヘランのアザディ・スタジアムを本拠地としている。

この2つのクラブを所有しているのはイラン政府だ。正確には青年スポーツ省がオーナーを務めており、会長もサッカー協会系の人物が派遣される。

両チームはイラン国内では屈指の名門であるが、PSGとは違って経済的には特別恵まれておらず、時々給与未払い騒動を起こす。エステグラルのファンであったジャヴァド・ネクーナムは、要請に応じて欧州から加入したにもかかわらず、結局クラブと契約不履行で対立して辞めてしまった。

イランには他にも政府系、自治体系のクラブが数多く、マシーン・サジやサバ・コムは自治体所有であるし、フーラドやサイパ、パイカンなどが国有企業の傘下にある。

【次ページ】自治体の方が苦しいケース