トッテナムでついにレギュラーの座を掴むと、イングランド代表にもデビューしたMFハリー・ウィンクス。

来年のワールドカップでも活躍が期待される21歳の新鋭だ。彼が着用しているスパイクは、adidasが復活させた『プレデター 18』

『Soccerbible』によれば、ウィンクスはこのスパイクについてこう語ったという。

ハリー・ウィンクス(トッテナムMF)

「(あなたが成長するなかにおいて、adidasの『プレデター』はどういう意味を持っていたのかな?)

僕にとって最初のスパイクだったんだ。

当時は誰もがちゃんとしたスパイクとして(プレデターを)最初に手にするような感じだった。

僕は父に買ってもらって、もう大好きだったね。

これでプレーしながら育ったんだ。大好きな選手たちがこれを履いてプレーするのを見てね。

自分が幼かった頃に誰もが履いているスパイクのひとつだった。手に入れたらすぐに皆に見せていたね」

「(デイヴィッド・ベッカムはプレデターを愛用する選手として最も象徴的なひとりだったね。君はイングランド代表戦で、背番号7を着けた。ロッカールームでそのユニフォームを目にした時、どんな気持ちだった?)

イングランドにとって間違いなくとても歴史的な番号だよ。でも、その時はあんまり考えていなかったんだ。

それを着て国のためにプレーできることにただ興奮していてね。そういうことに向かい合ったのは、試合が終わった後だったんだ」