Qolyでは2017年1月2日に「2017年にブレイク間違いなし!要注目の逸材たちを選んでみた」と題し、未来のスター候補を独自に選出したが、果たして彼らの2017年はどうだったのだろうか。

当時の記事を引用しつつ、編集部Tが彼らの2017年を簡単に振り返ってみたいと思う。

【関連記事】「2017年ブレイク候補」は結局どうなった!? vol.1

前回は日本人選手たちを取り上げたが、今回は外国人選手たちを取り上げる。

編集部O選出

▼クォン・チャンフン(水原三星ブルーウィングス)

リオ世代ではアジア屈指の実力を持つ22歳の韓国代表MF。

左足での打開力だけでなく状況判断にも光るものがあり、おそらく間もなく国外へ移籍する彼がどこへ行き、どのようなプレーを見せてくれるのか。

活躍するかは分からないが純粋に気になる(個人的にはブンデスリーガが合っているのではないかと思うが…)。
クォン・チャンフン


2017年1月にフランスのディジョンに加入。シーズン途中ながらすぐさまレギュラーポジションを奪取して周囲を驚かせると、2017-18シーズンも引き続き活躍。

シーズン前半戦の17試合に出場して5ゴール2アシストという記録を残し、早くも次なるステップアップの噂がちらついている。

編集部Q選出

▼ミレ・スヴィラール(アンデルレヒト)

また1人ベルギーから優秀な若手が登場した。長身で反射神経もよく立ち姿もエレガント、近代的なGKとしての資質もある守護神。

U-17、U-19代表歴はあるが、クラブではまだ地位を掴んではいない。それでも、ドンナルンマのように若くして大ブレイクを果たす予感を感じさせる。

なお、彼の父ラトコはユーゴスラビア代表歴を持つ元選手で、長くプレーしたベルギーで引退後も同国でコーチ業を営む。
ミレ・スヴィラール


8月にベルギーのアンデルレヒトからポルトガルのベンフィカに移籍。チャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦では「CLにおけるGK史上最年少出場」を果たし、イケル・カシージャスが持っていた偉大な記録を破った。

現在はベルギー国籍を持っているが、代表は自身のルーツであるセルビアを選択すると言われており、早ければ来年3月に代表デビューする可能性も示唆されている。