リーガ第19節、レアル・マドリーはホームでビジャレアル相手にまさかの敗戦を喫してしまった。

シュート28本を浴びせるも、後半42分に痛恨の失点。これが決勝点となり、0-1で敗れてしまったのだ。

エル・クラシコに続き、ホームでのリーグ戦2連敗。これは2009年5月以来のことだ。

昨季実に5年ぶりのリーガ制覇を成し遂げたレアルだが、現在4位と低迷している。

首位バルセロナとの勝点差は15ポイント以上もあり、連覇は絶望的。もはや優勝争いからも脱落したと言える。

この試合にフル出場したレアルMFトーニ・クロースも、CL出場権を狙うべきと述べたそう。『beIN SPORTS』が伝えている。

トーニ・クロース(レアル・マドリーMF)

「まず最初に僕らの順位を考えれば、来季のチャンピオンズリーグ出場権を得なければならない。

それが残りシーズンの目標になるべきだと思う。

(首位との勝点差)16ポイントは大きいからね。今はそれを考えることはできないよ。

今からシーズン末に向けてのレアル・マドリーのリーグでの目標は、トップ4以内に入ることだ」