この冬、ドルトムントからアーセナルへ移籍したガボン代表FWピエール・オーバメヤング。

先日のエヴァートン戦でデビューすると、同じく新戦力のヘンリフ・ムヒタリャンからのパスを受けて初ゴールをマークした

また、こんな惜しいシーンもあった。

メスト・エジルからのスルーパスに、快足を飛ばして追い付きシュート!惜しくもゴールとはならなかったが、パス1本での完璧なカウンターだった。

エジルのパス精度、そして相手を背後から追い抜けるオーバメヤングのスピード。相手にとっては脅威となるアーセナルの新ホットラインになりそうだ。

試合後のアーセン・ヴェンゲル監督もオーバメヤングについてこう讃えていた。

アーセン・ヴェンゲル(アーセナル監督)

「彼の動き方を分析してみると、それは常にストライカーに求めるものになっているよ。

フィジカルはまだ100パーセントではなかったと思うが、動きとフィニッシュの質は非常によかったね」