今季、残念ながら自動昇格できる2位以内どころかプレーオフ圏内の6位以内にも入ることができなかったレスターが7日、2011-12シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

昨夏に3年契約を結んだスイスのメーカー Burrdaの2代目となる2011-12ホームモデルは、意外にも9年ぶりの襟あり。既に7日の今季最終戦、イプスウィッチとの試合でデビューし、見事4-2で初陣を飾った。

リーグ、カップを合わせて今季40試合目の出場を果たした阿部勇樹もこの試合、イングランドでの初ゴールを記録。シーズンを良い形で締めくくると同時に新ユニフォームで幸先の良いスタートを切っている。