サッカー選手にとって、背番号「10」は特別なナンバーだ。

『背番号「10」の系譜』というこのシリーズでは、特定のクラブチームで10番を背負ったレジェンドたちを順番に紹介していく。

なお、リーグによって背番号固定制を採用したのがまちまちまであるため、1997年以降を対象とする。

今回はミラン編だ。

デヤン・サヴィチェヴィッチ(FW)

ミランの10番、サヴィチェヴィッチ

【ミランでの背番号の変遷】
#10:1997 - 1998年

90年代のミラン黄金期にエースナンバーを背負った“イル・ジェニオ"。「天才」というその異名の通り、他の選手とは明らかに違うテクニックとファンタジーを備え、全盛期のアタッキングセンスは世界最高峰であった。1993-94シーズンのCL決勝、バルセロナ戦で決めたロングシュートはサッカーファンの間でも語り草に。ミラン退団後、ツルヴェナ・ズヴェズダを経てラピド・ウィーンで現役を引退した。

【次ページ】サヴィチェヴィッチの後の10番は?