トップチームに昇格したばかりの若手選手に辛い診断結果が出たと、『zerozero』や『abola』が伝えている。

それによれば、ポルトガル1部のボアヴィスタで今季からトップチーム入りしたFWエドゥが癌と診断されたという。

彼は1997年生まれの19歳。この若さで辛い戦いに直面しなければならなくなったが、クラブは彼を支援することを誓ったそうだ。

病を克服してピッチに帰ってこられる日が来ることを願うばかりだ。