『FourFourTwo』など各メディアは、「アーセン・ヴェンゲル監督が『フェイク・ニュース』とトランプジョークを飛ばした」と報じた。

いつものように、冬のマーケットで大きな補強の噂があるアーセナル。特にFWについては報道が多く、トリノのFWアンドレア・ベロッティ、そしてレアル・マドリーのアルバロ・モラタの獲得があるのでは?と言われていた。

しかしヴェンゲル監督は取材に対して以下のように話し、先日のドナルド・トランプ次期アメリカ大統領の発言を引用するユーモアで反応した。

アーセン・ヴェンゲル

(アンドレア・ベロッティの噂については?)

「思うに、それは今皆が『フェイク・ニュース』と言っているやつだね」

(アルバロ・モラタという話もまた出てきたが?)

「ウェルベックが戻ってきた。サンチェス、ジルー、ペレス、そして復帰してきたチュパ・アクポンもいるよ」

(カール・ジェンキンソンがクリスタル・パレスに行くという噂については?)

「ジェンキンソンは2~3日後に移籍する可能性があるよ。パレス?君は十分な情報を得ているようだね!

間もなく実施される可能性があるが、最終的な結論はまだだ。彼を置き換える選手とは契約しない。そこでプレーできるドゥビュシとガブリエウ・パウリスタがいるからね」