『Mediaset』は10日、「ACミランのFWジェラール・デウロフェウは、加入からの数試合を語った」と報じた。

今冬のマーケットでエヴァートンからミランへと貸し出されることになったデウロフェウ。いきなり出場機会を得て、先日は9人になったボローニャ戦の勝利にも貢献した。

次のラツィオ戦ではカルロス・バッカに代わってトップ起用される可能性も示唆されており、ますます存在感を高めている。

彼はミラン加入からの半月を以下のように話し、モンテッラ監督にも信頼を受けていることを明かした。

ジェラール・デウロフェウ

「ボローニャとの試合は、信じられないようなものだったね。ミランにとっては魔法の夜だった。

我々は3試合分プレーしたかのように走ったよ。しかし、今はもうラツィオ戦のことを考えている。これは同じように重要な試合だ。

回復の時間はある。多くの選手を失っているのは間違いないが、このスカッドの全員が強さを持っているし、そこに臨む準備がある。キックオフ時はまた11対11さ」

(パレッタ、クツカが出場停止、ロマニョーリ、カラブリア、デ・シーリョ、アントネッリ、ボナヴェントゥーラ、モントリーヴォが怪我だ。君は『偽9番』で起用されるかも?)

「その選択肢はなかなかいいね。ただ、ドリース・メルテンスと比べないでくれよ。彼とは非常に違う選手だ。ナポリも全く違うスタイルだしね。

誰もが成長できる。たとえ世界最高の位置にいてもね。僕も、間違いなくそれができる。自分の存在を証明できる。ミランを選んだのはここがビッグクラブだからだし、自分もレギュラーとしてプレーできると思っていた。

モンテッラ監督は明確なアイデアを持っている。彼は僕に信頼を与え、正しい動きを説明してくれる。

毎日努力しなければならない。ヨーロッパリーグやチャンピオンズリーグのことは話さずにね。今目標について考えるのは健全じゃない。

ミランで印象深かった選手は、スソとボナヴェントゥーラだね。本当に大きなクオリティを持っているよ」