先月リリースされ、好評配信中の『モバサカ CHAMPIONS MANAGER』(以下モバサカC)。株式会社モブキャストが送る人気シリーズの最新作だ。

モバサカ CHAMPIONS MANAGER

これまでの作品同様、登場選手がすべて実名実写であるほか、プレイヤー自身がパス・ドリブル・シュートなどを選択して試合展開を決めることができる「ヒーローズタイム」。さらに、豊富な要素で自由自在な選手育成、リフティングやフリーキックといったスキル開花のための充実したミニゲームなど、たくさんの魅力が詰まった作品である。

ただ、世の中には数多のサッカーゲームが存在しており、どれを遊べばいいの?というサッカーファンも多くいることだろう。時間は有限。本当に悩ましい…。

そこで、Qolyが実際に『モバサカC』をプレイし、「ここがスゴイ!ヤバイ!」という点を紹介したい。

そんなことはあまり考えていなかったのだが、プレイしていたところ思わずツッコミ…ではなく取り上げてみたい箇所がたくさん出てきてしまったので、これ!というものをまとめてみた。

イブラヒモヴィッチの“点”がある!

モーションキャプチャを採用したリアルな試合シーンが特徴の『モバサカC』。しかも先日のリリース記事でもお伝えしたように、単にリアルなだけでなく、“わかってる感”がスゴイのだ。

筆者がプレイしていて「オオオ」と唸った点の一つがこちら。

モバサカ CHAMPIONS MANAGER

現実では負傷離脱中のズラタン・イブラヒモヴィッチがゴール!

見事なシュートを叩き込んだのだが、重要なのはゴールではなく、ココ!

モバサカ CHAMPIONS MANAGER

ちょっと見づらいが、IBRAHIMOVICのCの上に“点”!正確にはアキュート・アクセント(鋭アクセント)があるのだ。

モバサカ CHAMPIONS MANAGER

実際のイブラヒモヴィッチのユニフォームもこの通り。

彼の本来の名前表記は「Zlatan Ibrahimović」であり、ルーツであるボスニア・ヘルツェゴビナではCの上に“点”がないとツに近い発音になってしまう。

よって“点”が非常に重要なのだが、正直、ゲームのユニネームでこれが反映されているのを見たのは初めてかもしれない。

『モバサカC』製作者のこだわりが恐ろしい…。

【次ページ】理想のイメージは「ロベリー」