日本人には技術がある?

思えば、「日本人はテクニックがある」という言説はよく存在していた。

ジーコジャパンあたりからだろうか?「自分たちのサッカー」が、パスを回してボールを保持することになり始めたのは。

ジーコジャパン 2005年

日本人は小柄でフィジカルがなく、その分俊敏性と技術、スタミナがある。だからこそボールを繋ぐべきなのだと。蹴ってしまうことはあまり良くない。足元でパスを繋いでプレーしよう。運動量を活かそう。味方を使おう。

それ自体が間違っているとは言えない。当然、それだけのテクニックがあれば可能だからだ。

ただ、ハリルホジッチが以前から言っている「デュエル」の課題は、「デュエルの技術がない」ということ。フィジカルだけではなく、テクニックの問題でもある。

そういえば、ハリルホジッチは就任会見で『テクニックがある選手がいる。多くのことはできないが、あることは出来る。皆ボールを欲しがる』とは言っていたが、ここでも全面的に褒めてはいない。限定的な使い方ができると言っているだけだ。

そもそもハリルホジッチ自身は日本人のテクニックをあまり評価していないのだろう。そして、それがU-17ワールドカップのフランス戦で現実として表れたと感じたわけだ。ボールタッチだけがうまくても、それを止める方法はいくつもある。

ボールを相手の前で保持すれば、それだけ対面する選手とのデュエルが増える。それが苦手ならば、同時に「奪われる」機会も増加していく。

【次ページ】デュエルが弱いのなら…